岩木山神社

弘前市近隣にはいくつかのパワースポットがあります。その中でも最強なのが岩木山神社です。

image (1)

そんなパワーにあやかろうと、初詣はもちろんのこと、節目節目に詣でては柏手を打つようにしています。

今年は遅い初詣(正月三が日は混雑して駐車もできないので)以降訪れてませんでしたが、50歳の節目を迎えたこと、明日から運気が変わること、少々体調不良なこと、KF Campが無事に終了したお礼なども兼ねて、本日午前中にお参りしてきました。

岩木山神社を詣でるのには、参拝の目的もありますが、もうひとつ大きな目的があります。

それは、神社の一角に畳一枚ほどのスペースで秘密の「浄化スポット」があるからです。

参拝の後にここを訪れ、大きく息を吸ってパワーを体内に入れ、深く息を吐き出して厄を落とします。3分ほどここに立つだけで、心身共に浄化され、体の奥からパワーが湧き出てくる感じです。

KF Camp以降続いていた右肩の痛みも、家に着く頃にはかなり楽になりました。体も軽くなり、明日からまたバリバリ仕事ができそうです。

信じる信じないは自由ですが、私にとってのパワーの源。それが岩木山神社なのです。

image

カテゴリー: 日常 — tazawa 1:01 PM

青粉

十三湖のシジミ漁獲高が、島根県・宍道湖を越えて全国一位になったのは2012年のこと。

一位になった要因は、十三湖の漁獲高が増えたからではなく、宍道湖のそれが減ったからに他ならない。

宍道湖のシジミが激減した理由は、塩分濃度や湖水温などの環境変化によるもの。中でも、夏場の高水温による「青粉」の発生が大きな原因となっている。

その「青粉」が、今年は十三湖でも発生している。

ここ4年ほど真夏の十三湖に通い詰めているが、青粉を目にしたのは今期が初めて。

シジミ貝にとっての危機はもちろんだが、シーバス激減の理由もまた、青粉発生のメカニズムに含まれる酸欠や毒素が関係しているのかもしれない。

関係機関は調査を開始しているのだろうか?

このまま放置すれば、せっかくブランド化されたシジミが、大きな痛手を受けることになりそうで心配だ。

カテゴリー: 日常 — tazawa 6:11 PM

明日から

2~3日、取材のため十三湖に居ます。

その間のご注文やお問い合わせに関しましては、9日以降の対応となりますのでご了承願います。

カテゴリー: ご案内 — tazawa 12:54 PM