本当の勝負

深場のマダイと浅瀬のマダイ。

同じサイズでもそのファイトには雲泥の差があり、1匹の価値が違います。

水深10m前後で釣れ始めた情報があちこちから。

「食する事」を目的としない自分にとって、やっとマダイと本当の勝負ができる季節の到来です。

カテゴリー: 日常 — tazawa 8:59 PM

サクラマス解禁ですが

6月1日はいよいよサクラマス解禁です。

毎年、恒例で出かける米代川ですが、この雨で水位がかなり高く、最終的に+1mほどまで上昇しそうです。

1mも上がれば釣りができる場所は限られます。1日に落ち着けばいいけど、このまま雨が降り続けるようならば2日以降が狙い目になりそうですね。

今年は遡上が遅れていて下流域が釣れてるそうです   ←こんな情報が流れること自体変ですよね。

昨年も、一昨年もそうでしたが、「昨日は爆釣だった」なんて、解禁日に一番聞きたくない情報が現地で飛び交うの何故でしょう?

そんな様々な疑問に加えて、増水と高すぎる遊漁料。そして、来年は早期解禁が実現という噂もあり、今年の米代には全く魅力を感じないというのが正直なところです。

カテゴリー: 日常 — tazawa 9:02 AM

もうそんな季節なんですね

5月下旬と言えば、そろそろマグロの回遊が見られる頃。

そして今年も例年通りマグロはやってきたようです。

7月になれば20~30㎏のメジなら浅場でも狙えるので、今年はKFトローリングで遊んでみようかなと思ってます。

デカイのが掛かったら、すぐ切ります(笑)。

カテゴリー: 日常 — tazawa 12:22 PM

基本は同じ

春先のこと。カヤック用にと、安価なベイトロッドを、しかもセール特価で購入しました。

ライトジギング用ですが、かなり柔らかいアクションなので、マダイジギング以外にも様々な釣りで使えそうです。

リールは30年近く愛用しているABUガルシア製の5000。古い人間には古いタックルがお似合い。でも、純正ではハンドルが小さいのでソルト用のものに交換。今現在ラインはナイロンを巻いてます。

IMGP1669

仕事の関係で鯛カブラの釣りも試してみてますが、ナイロンやフロロのほうが食い込みが早く、素早く取り込め、しかもバラシが少ないという点ではジギングと変わりないと思います。

マダイに関して言えば、田澤のスタイルにはPEは相性が悪いようです。PEがダメということではなく、自分の好みとスタイル、楽しみ方に合わせて選択すれは良いのではないでしょうか?

感度的にはフロロが有利ですが、自由が利かないカヤックで素早く取り込む目的と、パーチカルがメインという理由で、ベイトタックルには伸度優先でナイロンを使用してます。同じタックルでボートでも使用するので、オマツリ対策として擦れに強いものを選びたいところです。

そんな理由で選択したのがGT-R ウルトラ。

IMGP1677

このライン、何と従来ナイロンの30倍の耐摩耗性。しかも、1.4(通常は1.14)と比重も高めなので、フロロカーボンに近い捌きやすさ、沈みの速さが魅力。600m巻きスプールで購入したので、1回分は700円ほど。PEラインを頻繁に購入できない貧乏ライターには打って付けのラインです。

対象魚が同じなら、ベイトタックルもスピニングタックルも、釣り方が違っても、基本は同じというのが自分なりの結論です。

カテゴリー: お気に入り・新製品, サンヨーナイロン, 日常 — tazawa 1:11 PM

気圧が不安定です

日本海側低気圧の停滞で、明日まで強めのヤマセが続きそうですね。せっかくの週末ですが、釣りが可能な地区は限定されそうです。

風裏を選んで遊べるミニボートやカヤックの方々も、無理の無い釣行を心がけましょう。

こんな天気の時は陸っぱりもおすすめです。

西海岸全域で海サクラが好調です。場所によってはシーバスもいい感じです。

今朝もこんなサクラが釣れてました。

201305110447001

マダイに拘らなければ、今が旬の美味しい魚は選り取り見取りです。

カテゴリー: 日常 — tazawa 9:38 AM