のち暴風

昨夜は夕方から陸奥湾でメバリング。
到着した時は予報に反して無風。天気も良く、月明かりが美しい夜でした。

IMG_0023

いつもこうなら釣りやすいんですけどね。

相変わらずレンジは上ずり、水面下1m付近が捕食レンジ。ボトム付近でも反応はあるものの、容易には食ってくれません。

それでも先日よりはアベレージサイズがアップし、ママメバルの数も増えてきてます。

IMG_0027

7時頃までで計40匹と、いい感じで釣れてましたが、急に風が強くなり、瞬く間に10mを越えるような突風が吹き始めました。もはや暴風です。

そうなると1g程度のジグヘッドでは太刀打ちできません(笑)。

それでも頑張ってポツポツ追加。8時過ぎに相棒がライントラブルで釣り不能になったところで終了。

月明かりの夜はクリアでしょう・・ということで、クリア系が良く釣れました。

今回はいろいろとワームを使いましたが、大型が釣れたのはima トライロバイトSS、数が釣れたのはジャッカル メバル節でした。ガルプはみんな使ってるためかスレ気味で、バイトがあってもなかなか食ってくれず。釣れても小型が多い感じ。また、ホワイト系は極端に食いが悪い状況でした。

それにしてもクロソイはでっかいなぁ。

カテゴリー: 釣行日誌 — tazawa 9:27 AM

牽引

今日は午後からバスボートの牽引。
チャンピォン製ボートにマーキュリー90馬力、中古でも200万くらいはするんだろうなぁ。
ボートが17フィートなのでソレックス製トレーラーもかなり大きい。

牽引距離はそれほどでもないが、こんな大きくて幅があって重いものを牽引するのは初めてだし、何よりもハブベアリングに不安があったので、時速50km以内でユックリと走行(ちなみに仮ナンバー)。
後続車のみなさん、イライラさせてすみませんでした。

このサイズになると、ハイラックスサーフでの長距離移動はちょっと厳しい・・かも。

途中何度か停車して確認し、何とか無事に船庫に到着。

愛艇RocinanteⅡの隣に並べてみると・・・かなりでかい(笑)。

さて、今日は穏やかな天気なので釣りに行こうかな?なんて考えている。
原稿が1本あるけど、見なかったことにして・・・。

カテゴリー: 日常 — tazawa 2:34 PM

入れ食いなれど

昨夜は20cmオーバー最大で30匹ほど・・・
今日も行きますが、一緒にどうですか?

そんなお誘いに乗らないはずがない(笑)。

ここ2回のメバル狙いでは、最大で18cmと、なんとも納得できない釣果。久しぶりにメバルの煮付けでも食べたいなぁと、随分前から思っているものの、なかなか煮付けサイズは釣れてくれないのだ。
20cm以上なら、なんとか煮付けにできるだろうから、とりあえず目標は20cmオーバー4匹。
ちなみに近くのスーパーでは、20cmほどのシロメバルが1匹480円(驚)。ホッケも高級魚になったが、メバルはもっと高級なのだ。

そんな感じで夕方から出かけた陸奥湾。
気温はかろうじてプラスだが、まだ寒さに体か慣れていないためか、けっこう寒く感じる。体が寒さに馴染めば、氷点下10℃くらいまでなら何とかなるかな?(笑)。

1.5gのジグヘッドで探りを入れるものの、15cmほどの小型が数匹釣れただけ。しかも、ヒットレンジは水面直下で、ボトムではバイトがあっても一向に乗らない。
メバルはかなり浮いてる感じなので、メバカームで表層付近を攻めると、パタパタと数匹。が、スレが早く、後が続かない。

結局ワームで水面直下をスローにトレースするしかないようなので、ジグヘッドを1gに替えて水面下1m付近を攻めると、ほぼワンキャストワンヒット状態に。

数は釣れる。どんどん釣れる。

ただ・・・サイズが・・・。
40匹を数えたところで、最大19cm・・・。

そこでワームをトライロバイトSSのヒイカに切り替えてみる。茶色系は、大型狙いでは効果的なカラー。

それが正解だったかどうかは分からないが、終盤はアベレージサイズが急にアップし、最大23cm
で20cmオーバーが4匹。

PB244877

苦戦したが、なんとか本日の目標達成。

困った時の強い味方、トライロバイト。
本日のヒットカラーは、オレンジグローとヒイカの2色。

カテゴリー: AMSデザイン, お気に入り・新製品, 釣行日誌 — tazawa 2:36 AM

仲良く

最盛期はとっくに過ぎ、今更・・と誰もが言うが、今更サワラ狙いで陸奥湾に出かけてみた。

仲間と二人で釣り場を目指し、現地で偶然会った仲間と3人で冷たい小雨の中ルアーをキャストし続ける。

ベイトは居るが、本命の気配が無いまま時間だけが経過し、それでもポツリポツリと釣れるものだから、なかなか止められない。

昼過ぎから夕暮れまで粘ってやっと釣れたのは3本。仲良く1本ずつ。
みんなに釣れたので、それでも満足。

サワラとは呼べない60cm以下のサゴシサイズだが、小さくても良く引くし釣れれば楽しい。

レンジは水面直下。
だからミノーへの反応が良いのだが、トップには残念ながら出ず。

「サスケ140烈風」がいい仕事をしてくれた。

カテゴリー: AMSデザイン, 日常 — tazawa 2:09 AM

まだ早いかな?

例年であれば陸奥湾内はメバルが上向く季節。
ただ、今年は海水温が高く、特に西湾はホタテが斃死するほどの高水温が続いているので、どうなんだろう?

というわけで西湾漁港まわりの調査。
夏泊と青森市周辺はシーズンインということで、ちょっと期待。

が、期待はあっさりと裏切られる。
やはり、まだ早いのかな?

メバルは居るのだが、数も少なく型も小さめ。夕方の早い時間帯は中層でけっこうな大型が出るようだが、完全に暗くなると何故か釣れなくなる。
確認したわけではないが、夜になると活動するヤリイカの回遊が始まっているようで、その影響も大きいのかもしれない。
天敵のイカが居れば、魚は身を潜めるのが当然の成り行き。

そんな中での珍客はウスメバル。

IMG_0016

ウスメバル自体は珍しい魚ではなく、堤防でも良く釣れるが、驚いたのはサイズ。通常、堤防で釣れるウスメバルのサイズは大きくても10cmほどの幼魚なのだが、昨夜釣れたウスメバルは18cm。沖釣りならともかく、陸っぱりでこのサイズが釣れたのは初めて。

先日のナンヨウカイワリといい、良型?ウスメバルといい・・・今更ながら海が異常なのだ。

カテゴリー: 日常, 釣行日誌 — tazawa 9:58 AM