自己記録更新

シーバスがトップウォーターで狙える時期は短い。

だから、行ける時に行っておかなければ、気がつけばトップの時期は終了・・なんてことになる。

朝方2~3時間のつもりで出かけた先で待っていたのは、一面のスーパーボイル。

とにかく釣れる。異常なまでに釣れすぎる。

IMGP0481

しかも、トップに出るシーバスは大型揃い。

2~3時間のつもりが、ついつい止めるきっかけを見失い、気がつけば5時間が経過していた。

それでもボイルは依然として続いている。

まだまだ釣れそうだが、体のほうがギブアップ。

アクションしっ放し、ランディングしっ放しの右腕が悲鳴を上げた。

IMGP0498

1回の釣行で釣れた数のショアの自己記録は、10年以上昔の秋田運河でのもの。今日はその記録をあっさりと更新しただけでなく、2倍近くも釣れてしまった。
しかもデイゲーム、トップウォーターだから、我ながら驚きの釣果。

こんな事もあるんだなぁ。いや、二度とこんな事はないだろう。

IMGP0511

今日のヒットルアーは、ima プガチョフコブラ(クルビット)、同 popkey80、ZipBaits フェイキードッグ70DS、同ZBL ポッパー。

IMGP0518

ルアーサイズを大きくすると飛距離は出るが食いが落ちる。
小型だと反応は良いが飛ばない。
バス用は浮力設定が異なる。
同じアクションは見切られる。
同じスピードもまた同じこと。

そこがトップウォーターシーバスの難しいところであり、楽しいところ。

カテゴリー: AMSデザイン, ZipBaits, お気に入り・新製品, 釣行日誌 — tazawa 1:52 PM

おかっぱりTWゲーム

夏場のトップウォーターゲームは朝方狙いのほうが有利。

でも、今日は敢えて夕方狙いで出撃。
持ち込んだルアーはトップウォータープラグオンリー。

17時頃から水面にベイトが見え始め、17時20分頃からボイルが始まる。
せっかく接岸したシーバスを散らさないためにも、ジックリと待ってから静かにウェーディングするのがコツ。

短い時合。18時30分までの1時間が勝負。

強風を味方に付けてフルキャスト。ボイルの向うまでルアーをキャストする。

ゆっくりめのアクションで誘うと・・・水面が割れて大型がヒット。

トップウォーターゲームの醍醐味は、このヒットの瞬間。

派手な水しぶきを上げてのヒットシーンは何度経験しても興奮する。

P8284721

ルアーを替えてキャストすると、数投でまたまたヒットするが、数秒でフックアウト。
だが、次の一投で同じコースをトレースすると再びヒット。
トップはフックアウトしてもまたすぐに釣れるのだ。

P8284728

やがてボイルは無くなるが、それでもトップへの反応は良好。
日が沈んで暗くなるまでの短時間だが、ボコボコとヒットが続く。

P8284733

トップに出るシーバスは大型が多く、存分に楽しませてくれる。
ボートやカヤックほど数は期待できないが、陸っぱりの、しかもトップのデイゲームでこれだけ釣れれば満足。

今日のヒットルアーはZipBaitsのフェイキードッグDS70と、ima ポッキー80。
ポッキーはノーアクションでもドッグウォークを演じてくれるので、トップ初心者にもおすすめのルアー。
アクションを加えてやればもっと釣れるのは言わずもがな。
そのアクションに試行錯誤するのもまた楽しい。

P8284753

ちなみに、本日のベイトはカタクチイワシとイナッコ。

カテゴリー: AMSデザイン, ZipBaits, お気に入り・新製品, 釣行日誌 — tazawa 11:29 PM

ウエダがウエダであるために

お盆前、業界を騒然とさせた驚愕のニュース。

UFMウエダ 会社解散。

様々な憶測、無責任な情報がネット上で飛び交い、いつのまにか「解散」が「倒産」という形で広まってしまった。

では、事実はどうなのだろう?
誰もが気になっているだろう。

御存知の通り、UFMウエダは「国産ブランク」に強い拘りを持って、数々の銘竿を世に送り出してきた、我が国屈指のルアー・フライロッドメーカーである。

そのUFMウエダが、何故解散しなければならなくなったのか?

それは、「良質の国産カーボン繊維が入手できなくなった」=「UFMウエダのロッドが作れなくなった」からに他ならない。

ここ数年、宇宙開発、航空関係で大量のカーボン繊維が使われるようになり、国内のカーボン繊維メーカーは生産が追いつかない状況に追い込まれた。その結果、海外へ工場を移し、安価なコストで大量のカーボン繊維を生産する方向へと流れた。
何十年もの間、UFMウエダに材料を供給していたメーカーも例外ではなく、その拠点を海外へと移し、今年8月をもって国内の工場を閉鎖することになった。

つまり、8月以降は材料の供給がストップし、ロッドの製造がままならなくなるのである。

国外製ブランクを使えばロッドの生産はいくらでもできる。しかし、あくまで国産の選び抜かれた良質の素材に拘りたいUFMウエダは、クオリティを落とすくらいならば製造販売を止める道を選んだ。
それは「ウエダがウエダであるため」の唯一の選択であり、国内トップメーカーの誇りを守り抜いた結果。最高のロッドを作り続けたUFMウエダは、頂点に立ったまま、50余年の歴史に終止符を打つのである。

日本製の良質ブランクが消滅したことで、今後もウエダ製品のクオリティを超えるロッドが登場することはないかもしれない。

気になるアフターについてだが、8月31日の解散後はアフターのみの営業になる。今まで通り、保証期間内の製品、及びその他の修理を受付するが、2ピースロッドに関してはバット部分の供給が不可能、またワンピースロッドも折損の場合は供給が不可能になる。ガイド抜けやガイド交換など、ブランクに関係しない修理は今まで通り受け付けてくれる。
ロッドによってはパーツの供給が可能な場合もあるので、まずは小売店経由でウエダに連絡してみるのがいいだろう。

「この先、どこのメーカーを使いますか?」
何人もの業界人から訊かれた。

ウエダのロッドとともに歩んだ30年近い年月。そして西村氏と共に歩んだ15年。
たとえウエダが無くなっても、自分の中ではウエダ以上のロッドなどない。
今日も明日も明後日も、くたびれて使えなくなるまで、ボロボロになって形が無くなるまで、ずっと自分はウエダを使い続けるつもりだ。

1年が経過したら、修理もできなくなる。だから、折損だけは避けたい。
折損率を下げる方法は意外に簡単。
「魚がヒットしたら、ロッドを立てずに横に寝かせる」
たったこれだけで、折損率は1/3に減る。
オフショアの場合も同じ。ラインとバットが90度以下の角度にならなければ、折損率はかなり低い。

さらばUFMウエダ。そしてたくさんの想い出をありがとう。

カテゴリー: ご案内, UFMウエダ — tazawa 10:27 PM

TW炸裂

先週末は結構まとまった量の雨が降った。

この時期の雨は、シーバスにとっては好都合のはずだが、川水の量によってはベイトの種類が変わったり、捕食レンジが変わったりなど、「釣るための読み」がやや難しくなる。

案の定、日曜は激シブ状態。

朝から仲間とインフレータブルで浮き、自分の引き出しをフルに開いてあちこち移動するものの、3時間でやっと7~8本という貧果。

レンジもヒットカラーも大きく変わった状況に、手持ちのルアーの殆どを試しても、先の展開が見えない状態。

ロッドを置いて、今日の状況をおさらいしつつ、あらためて全体を眺め回す。

そこでちょっとした閃きがあり、ケースに数個忍ばせておいたトップウォータープラグをセットする。

スロー気味のドックウォークで誘うと・・・突然水面に水柱が上がり、80cmクラスのシーバスが全体を露わにした。

「これはいける」

すぐにキャストし直すと、またまた水柱を上げてヒット、さらに1本、2本と連続ヒットが続く。

IMGP0443

今日はトップの日。

そう判断してボイルの発生しやすい水深1m程度のポイントに移動。以後はトップウォーター炸裂で相棒とともにアドレナリン出まくりのエキサイティングなゲームを腹いっぱいに堪能する。

IMGP0448

結果二人で30数本。

ここ暫くの釣果と比較すれば、数的には少ないが、トップウォーターという部分に大きな意味がある。トップウォーターで釣れたシーバスは、他のプラグで釣れた1匹の数倍の価値があると思うからだ。

気温30度以上、晴天べた凪、真っ昼間のトップウォーターゲーム。これを一度味わうと、もう病み付き。
得るものが多く、自分の引き出しを何個も増やすことができた釣行だった。

IMGP0437

TWシーバス、最高!!

ちなみに今回のヒットルアーはimaのプガチョフコブラ90とZipBaitsのフェイキードッグDS70。
実は、この2種類しかケースに入ってなかったのだが、他の仲間はポッパーでも大型を仕留めていた。

おすすめは以下のTWPで、サイズは90mm以下が良い。

IMGP0463

上からZipBaits ZBLポッパー、同 ZBLフェイキードッグDS、imaプガチョフコブラ90、同ima ポッキー80

でも、地元ではなかなか入手できないのが難点・・・。

カテゴリー: AMSデザイン, ZipBaits, お気に入り・新製品, 釣行日誌 — tazawa 9:46 AM

頑張れ、光星ナイン

甲子園で一戦を突破するのさえ難しかった青森県勢だが、春夏あわせて3回連続で決勝に駒を進めた光星学院は凄い。

そしてこれから東北勢初の頂点を目指して宿敵、大阪桐蔭との試合が始まる。

頑張れ、光星ナイン。

カテゴリー: 日常 — tazawa 9:55 AM