気になる1本

ちまたではスロージギングなるものが流行の兆しらしい。

ボトム付近でスロージャークし、フォールで食わせる・・・という昔からやっていた根魚釣りのジギングなので、今更感は否めないが、新しく命名されると何となく新しい釣りに感じてしまうから不思議だ。

ちなみにその昔、オフショアで根魚ジギングを楽しんでいた頃には、「そんな釣りはジギングじゃない」とバッシングされた時代もあった。時代が変われば何でも「正統派」になるものである。

さて、気になる1本は村岡氏のプロデュースでBLUE BLUEから発売されている「シーライド」。

P4284345

いわゆるフロント重心・非対称設計だが、実に面白い動きをしてくれる。

元来はショアジギング用として設計されたルアーだが、スロージギングにも有効な事は既に実証済み。特にフォールのランダムアクションが魅力なので、マダイに使ったら面白いかもしれない。

GW中に結果が出たら、また報告。

カテゴリー: BLUE BLUE, お気に入り・新製品 — tazawa 9:23 PM

一軍メタルジグ

小泊も平舘もマダイはいい感じで釣れている。

とりわけ平舘は今時期の特徴そのまま、小型でも70cmという大型揃い。

以前ほどマダイに傾注しない自分だが、シーズン始めには釣りの「勘」を取り戻す目的で出かけるようにしている。

最近はカブラやインチク、テンヤなど様々な釣り方があるようだし、楽しみ方は人それぞれだが、自分は相変わらずメタルジグを使ったジギングで遊んでいる。

10年近くメタルジグでマダイと遊んでいるが、未だに使いこなせているわけではなく、他の仕掛けにまで手を伸ばす余裕など無いというのが正直なところ。いつかジギングマダイを極められる日が来たら、その時は新たな気持ちでカブラやインチクを使ってみたいと思う。

さて、メタルジグだが、一軍は代わり映えすることなくこの2種類。

P4284347

ムラジグ40gとGUN吉40g。

しかも近年はキンクロ、キンアカ、シルバー、ブラックのローテがほとんどで、あとはSBフックを組み合わせる程度。

中層の釣りもボトムの釣りも、速い釣りも遅い釣りも、ドリフトもスイッチを入れるのも、この2種類がメイン。あまりメタルジグの数を増やしても、それぞれに違う特徴を把握しきれないので、プラスしてもせいぜい1、2本。

今期気になっているのはBLUE BLUE のシーライドかな?

これで食わせられなければ潔く負けを認め、それ以上の悪あがきはしない。

カテゴリー: お気に入り・新製品 — tazawa 9:01 PM