ハーフ・アンド・ハーフ

そろそろマダイの本格的なシーズン。

今期もあれこれとリグを変えるつもりはなく、一貫してジギングオンリーで狙います。

メタルジグもいつものima GUN吉とセイカイコレクションのムラジグが中心。シーズン間近になって、慌ててロストして欠品していたカラーを発注しています。

マダイに限って言えばボトムに定位する頃は釣らないので、ジグのロストはほとんど無いのですが、昨年はキジハタ狙いでのロストが多く、その分の補給です。

ゴールドとシルバーの2色のベースカラーで十分ですが、今回は去年の夏に村越さんと釣りをした時に話題になっていた「ハーフ・アンド・ハーフ(4015)」というカラーをゲット。

image

片面がゴールドでもう片面がシルバーという、裏表の波長を変えたタイプのカラーリングが、マダイにことのほか効果的な事は、かつて東北限定カラーとして販売されたGUN吉で実証済み。特に朝方や夕方の外光量が微妙に少ない場面では、このカラーが一番安心して使えます。

朝一番のパイロットカラーとして、GUN吉のキンクロとともに活躍してくれる事でしょう。

今年は久しぶりに村越さんとマダイ釣りで遊べそうなので、今から楽しみです。